ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

既得権益持つ大企業サラリーマン社長のブラック批判に違和感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ネット上で囃し立てられた「ブラック企業」批判が、一般のメディアにも広がり、参院選のテーマにまで浮上している。

 なぜブラック企業叩きが過熱するのか。ネット上だけではなく、影響力の強い大手企業の経営者や、それに寄り添う大手メディアがこのブームを作り出しているといっていい。

 例えば6月26日の日経電子版で、伊藤忠商事前会長の丹羽宇一郎氏がブラック企業批判を展開した。

〈収益第一で社員を使い捨てにする──。これがブラック企業の共通した特徴のようです〉〈「企業の社会的責任」の考え方がここまで変わってきたのかと驚きました〉。そのうえで丹羽氏は、雇用の確保と〈社員が安心して働ける環境を提供すること〉を求めた。

 しごくまっとうな指摘である。だが、それを実行できる企業がどれだけあるのか。新興企業の実態に詳しいジャーナリストの伊藤博敏氏が指摘する。

「大企業のサラリーマン経営者がブラック企業を批判するのは簡単です。自分たちは既得権益で収益を上げ、高い給料、充実した福利厚生、上質な労働環境を確保しているんですから。しかし、ベンチャー企業はそうはいかない。もちろん全肯定はできないが、競争力を高め、成長を最優先しなければ一流企業には這い上がれず、淘汰される」
 
『若者を見殺しにする国』(朝日新聞出版刊)など、若者の労働環境に詳しいフリーライターの赤木智弘氏が続ける。

「いわゆるホワイト企業も、下請けの中小零細企業の上に成り立っている。自社の社員の福利厚生は充実させる一方で、他社には無理を強いているわけです。ブラック企業だけを批判して済む話ではない」

※週刊ポスト2013年7月19・26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大前研一氏 ユニクロはブラック企業でも何でもないと指摘する
ブラック認定企業 採用の応募減少や内定辞退されるケースも
日本の「ブラック企業叩き」これで韓国に勝てるかと人事担当

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP