ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内容量減少やサイズ変更など「隠れ値上げ」の見破り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 48才の主婦、Aさんは最近、スーパーに行ってある変化に気づいた。

「前は夕方に行くと『20%引き』『30%引き』の値引きシールが多かった刺身パックが、最近は『150円引き』という表示に変わっていたんです。刺身は元値が高いので、これは巧妙な値上げ。ティッシュ箱も、最近なんかコンパクトになったな~って思って箱の裏の表示を見ると、『小さめサイズで地球に優しい』として、1枚当たりの大きさが横幅231mmから195mmに小さくなっていました。値段はほとんど変わっていないのに…」

 内容量を減らす商品は後を絶たない。例えば日本ハムは、ハムやソーセージなどの加工食品151品目を、内容量を減らす形で実質5~11%値上げすると発表。

「消費者のかたがお求めやすい価格というものがあると考え、単純な値上げは避けて、ソーセージの『シャウエッセン』なら本数を変えずに1本あたり1~2g減、1袋138gから127gという形で価格変更させていただいています」(日本ハム広報)

 確かに単純な値上げをするよりは、いくらか家計に優しいのは事実だけど…。

「例えばある洗濯洗剤は、かつては1.1kgだったのが1kgに。今は0.9kgになっています。パッケージをリニューアルする時に合わせて内容量を減らすという戦法は、前からありましたが、最近は特に増えていますね」(丸山さん)

 こうした、一見してすぐにはわからない微妙な値上げを見破るには、どうしたらいいか? 家計再生コンサルタントでファイナンシャルプランナーの横山光昭さんはこうアドバイスする。

「よく買う商品の“底値表”を作って、自分が納得する範囲を定めておきましょう。特売といっても、実は大して安くしていないお店もありますし、『○%引き』や『○円引き』など書いていても、肝心の量が減っていては、元も子もありません。だからこそ、単に値段を見て飛びつくのではなく、内容量との兼ね合いを見たうえで、判断しないといけないのです。

 例えばトイレットペーパーだったら、何メートル巻きで何ロール入っているかをメモして、1メートル当たりの値段を出す。そうすれば、次に同じ商品を見た時に、『値段は同じだけど量が少ない』『値段は高いけど、実は1メートル当たりで考えると安い』などと気がつくことができる。自分がよく使う品物だけで済みますから、家計簿は無理だけど、底値表だけは作っているというかたは、意外といらっしゃいます」

※女性セブン2013年7月25日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
たばこ値上げで吸わなくなる人急増し税収500億円落ち込むか
公共交通機関値上げ 四国フェリー、中国JRバス、矢切の渡し
千代田区コンビニ 東電電気料金値上げで月の電気代5万円増加

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP