ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、IGZO搭載スマートフォン「AQUOS PHONE SERIE SHL22」を7月12日に発売(更新)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは7月9日、auスマートフォン2013年夏モデルのシャープ製機種「AQUOS PHONE SERIE SHL22」を7月12日(金)に発売すると発表しました。「AQUOS PHONE SERIE」3代目となるSHL22は、4.9インチのHD液晶ディスプレイ(IGZO)とSnapdragon 600 APQ8064T 1.7GHzクアッドコアプロセッサを搭載したハイエンドモデル。静止画を1秒間に1度しか書き換えないなどの省電力設計が売りのIGZOの採用や、3,080mAhの大容量バッテリーを搭載したことにより、バッテリーの持ちが従来機種から大幅に良くなったところが特徴です。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載。画面をなぞったり本体を振ることで画面のON/OFFできる「Sweep ON&Shake OFF」機能、1つの画面で2つのアプリを同時に表示できるマルチタスク機能「アナザービュー」、ディスプレイ自体が振動して音声を耳内に直接伝える「ダイレクトウェーブレシーバー」が新たに追加されています。国内向けの機能としては、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグに対応。IP55/IP57の防水・防塵にも対応しています。SHL22には、「au +1 collection」で販売される専用カバーをしたままでも充電できる卓上ホルダが付属します。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカード(最大64GB)も利用可能です。カメラは1,310万画素(裏面照射型CMOS、F1.9レンズ、光学手ブレ補正)、前面に207万画素CMOSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi  a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、FeliCa&NFC、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、WIN HIGH SPEED、4G LTEに対応。本体サイズは142mm×70mm×9.9mm、質量は155g。カラバリはブルー、ホワイト、ブラックの3色。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
昭文社、Android版「マップルリンク」に誌面ダウンロード機能などの新機能を追加
小米科技(Xiaomi)の次世代スマートフォン「Mi3」の試作機とされる端末の写真が流出
NTTドコモの「Xperia Tablet Z SO-03E」が8~9月に実施予定のアップデートでフルセグ視聴に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP