ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazonが解像度を上げた新型Kindle Fireタブレットを開発中とのウワサ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Amazonが自社ブランドのAndroidタブレット『Kindle Fire』シリーズの2013年モデルを複数機種開発していると、『BGRR』が信頼できる人物からの情報として伝えています。

『BGR』によると、Amazonは現在、少なくとも3機種の『Kindle Fire』タブレットの開発を進めており、それらは米国でホリデーシーズンの前に発売される見込みとのことです。ウワサの3機種は2012年モデルをアップグレードしたかのようなモデル分けとなっています。

1機種目は昨年の7インチモデル『Kindle Fire』の後継で、解像度は1280×800ピクセル(WXGA)にアップグレードされており、価格は$159~という。2機種目は『Kindle Fire HD』の後継で、解像度は1920×1200ピクセル(WUXGA)にアップグレードされているそうです。3機種目は8.9インチモデルの『Kindle Fire HD 8.9』の後継で、解像度は2560×1600ピクセル(WQXGA)にアップグレードされているそうです。
Source : BGR



(juggly.cn)記事関連リンク
昭文社、Android版「マップルリンク」に誌面ダウンロード機能などの新機能を追加
小米科技(Xiaomi)の次世代スマートフォン「Mi3」の試作機とされる端末の写真が流出
NTTドコモの「Xperia Tablet Z SO-03E」が8~9月に実施予定のアップデートでフルセグ視聴に対応

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。