ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紫外線対策 A波B波の違いから効果的な日焼け止めの塗り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これから夏が本格化するが、気をつけたいのが紫外線。十分な対策が必要だ。紫外線といえば上から降り注ぐ直射紫外線だけを考えがちだが、ほこりなどに反射した散乱射紫外線、地面からの反射紫外線など、あらゆる方向に存在。また、地上に届く紫外線には2種類あり、そのどちらも肌には悪影響が。

「肌の真皮まで届いて皮膚を老化させ、しわなどの原因になるのがA波。メラニンを刺激して肌を黒くさせ、DNAに吸収されて健康ダメージを与えるのがB波。いずれも、雲や木陰、衣類、帽子など物理的な障害物があればある程度は防げますが、雨天でも紫外線は0にはなりません。外出時には露出した部分の肌はすべて日焼け止めなどでカバーを」(気象予報士・美容ライターの大貫未記さん)

 また、衣服は一般的に白色は紫外線透過率が高く、ダークカラーのほうがおすすめ。「最近はUVカット加工の服地も登場。上手に取り入れて、万全の対策を」(大貫さん)

 それでは、世の女性たちはどのような工夫をしているのかを見てみよう。

「日焼け止めクリームを塗っただけより、上からファンデーションをつけたほうが効果絶大。それもBBクリームなど最近流行りのリキッドタイプより、パウダリータイプが◎。パウダーの粒子が日差しを物理的にブロックしてくれます」(東京都・38才・美容部員)

「日焼けしたときは、即メイクを落として化粧水をたっぷりつけたコットンを顔中に。頬の部分がどんどん乾いていくので、そこが集中的にダメージを受けていることを実感。化粧水を注ぎ足し、30分くらいで落ち着きました」(東京都・49才・専門職)

「洗濯物を干すときにかなり日を浴びてしまうので、庭に面した戸の脇に、専用のつば広麦わら帽子を掛けて常備。こうしてあると忘れません」(香川県・51才・主婦)

 また、大貫さんは「乳液やジェル状の日焼け止めは、その商品の必要量より少なく使うと効果は激減。白浮きが気になるなら、少しずつ全体になじませてから、重ねづけするようにして、パッケージに表示されている1回分の目安量をしっかりつけて」とも助言する。

※女性セブン2013年7月18日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
UV対策は日傘は黒が効果的 メイクの上からでも日焼け止め可
肌のたるみや皺の原因となる近赤外線 PCモニターからも放射
日焼けした時の対処法に果物や野菜を皮ごと食べることも有効

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。