ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中島美嘉、新曲“僕が死のうと思ったのは”はamazarashi秋田が提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


中島美嘉

 

中島美嘉の新曲“僕が死のうと思ったのは”を、気鋭のロック・バンドであるamazarashiの中心人物、秋田ひろむが手掛けたことがあきらかとなった。

 


amazarashi

 

この楽曲は、秋田が以前から自分の手元に温めていたという、衝撃的なタイトルのロッカバラード。〈やるせなさ〉や〈哀しみ〉が見え隠れする何気ない日常において、それでもこの世界に期待し、最後には〈愛する人と生きて行きたいから〉と救いの光を灯す、どん底の境地から光を導く愛の歌だという。秋田は中島サイドから楽曲提供のオファーを受け、この曲を最初に提示。するとデモを聴いた中島本人が「素晴らしい曲。この曲は、是非最後まで聴いて欲しい。じゃないと絶対伝わらない」と涙を浮かべながら感想を漏らし、この歌を歌う覚悟を決めたという。

歌詞サイトの〈うたまっぷ〉では、この楽曲の歌詞の先行公開を実施中。気になる人はいますぐアクセスしてみよう。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP