ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年は節電PR目立たぬ理由 昨年電力が余裕で足りていたから

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月某日の昼下がり、都内商社で働くAさんは肌寒さを感じて、事務所のエアコンの設定温度を確認した。表示はなんと「24℃」。昨夏は「28℃」を義務づけられていたはずだが……。

「今年は会社からも節電をそれほど強制されない。そのためか、寒いくらいの時があるんですよ。昨年までは室内の照明も間引いて暗かったけど、今年は煌々としています」(Aさん)

 確かに、この夏は「節電」という言葉を目にする機会が減った。政府は今年も7月1日から9月末の3か月間、平日の午前9時~午後8時の電力使用を控えるなど、家庭や企業に節電を求めてはいるが、そのトーンは低い。

 思い起こせば昨年の今頃は、電力不足を煽りたて、まさに「恫喝」ともいうべき節電キャンペーンが行なわれていた。

 特に凄まじかったのは、大飯原発3、4号機(福井)の再稼働を巡って揺れていた関西電力管内だ。

 大阪府合同庁舎の壁には「この夏、節電待ったなし!」の垂れ幕がかかり、関電社員や大阪府職員が街頭に立って「節電」PRに躍起だった。関電は関西広域連合と連携し、電気使用量を前年夏から15%削減を達成した世帯を対象に、抽選で豪華ホテルの宿泊券やランチ券をプレゼントする「節電トライアル宝くじ」を企画するなど、あの手この手で節電を訴えていた。

 今年の街の不自然さにお気づきの人は多いはずだ。なぜなら、そのキャンペーンが忽然と姿を消したのだから。

 関電本店の壁からは、昨年の今頃掲げられていた巨大な「節電啓蒙垂れ幕」が消えた。同社は、今年は節電イベントも一切行なわないという。理由について関電はこう話す。

「昨夏とは異なり、大飯原発も再稼働しており、電力需給の見通しも立っているので、昨年ほどのPRの必要性はないと考えています」(広報室)

 政府が求める節電も「無理のない範囲で」という曖昧なものとなった。昨年までは関電管内で15%、北海道7%などとされた、具体的な「数値目標」はない。

 政府や電力会社が不気味なほど静かになった理由は、いたって単純である。実はあれだけ大騒ぎした昨年、電力は余裕で“足りてしまっていた”のだ。

 昨年9月、関電が夏の電力供給に関する試算を公表した。詳細は省くが、「大飯原発の再稼働がなくても、管内で待機中の火力発電所を動かせば、電力には余裕があった」というものだった。今年の政府の検討会合でも、「節電の数値目標を設定しなくても、今夏の電力は需要が供給を全国平均で6.3%も上回る」という結論が出た。

※週刊ポスト2013年7月19・26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
関電 電力需要を大きく見積もり、供給力を過少申告していた
九電ハガキで節電ヒステリック加速 30℃超でエアコンつけず
電力足りている夏「わしは夏前から指摘した」と小林よしのり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP