ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「あまちゃん」挿入歌“暦の上ではディセンバー”はベイビーレイズが歌唱! 8月にシングル発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

社会現象と言えるほどの盛り上がりを見せているNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の挿入歌“暦の上ではディセンバー”の歌唱を担当しているのが、5人組アイドル・グループのベイビーレイズであることが判明。さらに、同曲が彼女たちのニュー・シングルとして8月21日にリリースされることがあきらかとなった。 

“暦の上ではディセンバー”は、ドラマに登場する架空のアイドル・グループ〈アメ女〉ことアメ横女学園芸能コースが歌う、2009年にミリオンセラーを記録したという設定の楽曲。作曲は番組の音楽を手掛ける大友良英と、Sachiko M、江藤直子、高井康生が行い、歌詞は「あまちゃん」の脚本担当である宮藤官九郎がわずか3分で書き上げたという。なお、劇中で使用されているのは成田りな役の水瀬いのりとベイビーレイズの計6名が歌ったヴァージョンとのこと。

今回のシングルには、ベイビーレイズ単独での歌唱ヴァージョンが収録。パッケージはDVD付きの初回限定盤とCDのみの通常盤の2タイプが用意される。なお、彼女たちの通算4枚目のシングル“ベイビーアンビシャス!”が、“暦の上ではディセンバー”に先駆けて7月31日に到着。こちらのチェックもお忘れなく!

★「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラックのレコ発ライヴ・レポートはこちらから
★9月に発売される「あまちゃん」完全版DVD/Blu-rayボックス第1弾についてのニュースはこちらから
★「あまちゃん」の公式版吹奏楽アレンジ・アルバムに関するニュースはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP