ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋にも夏休みは必要! この夏、「距離をおくべき男性」を見極めるポイント3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏の恋は短いとも言われていますが、イベントも多く、出会いも多い季節です。薄着になると開放感が高まりますし、カフェやレストランの内装もリゾート気分を演出しているため、恋に落ちやすい雰囲気になりますが、先日、ある女性からこのような相談を受けました。

「夏になって、キャンプやバーベキュー、海など、いろいろな誘いを受けるのですが、長くつきあっている彼がいるので断っています。でも彼とは家でだらだら過ごすデートばかり。仕事も転々としていて、普段はメールもほとんどきません。デート代も私が出すことが多くなり、別れたほうがいいような気がしますが、4年もつきあっているので…」

このような状況の場合、今までつきあってきた情もあり、相手の状態によっては気の毒にも感じ、決定的な別れる理由もないので、そのまま何年も過ぎてしまうこともあります。後々、人生の大きな後悔となってしまう可能性もありますので、次のような様子が見られたら、ひと夏だけでも一度距離を置いてみることをおすすめします。
1. 女性関係にだらしなくなっている
元彼女とも会っている、誰の誘いでもすぐに行く、夜遅くまでほかの女性と飲んでいる、携帯電話にはロックをかけていつも持ち歩く、複数の女生とメールのやりとりをしているようだなど、目に見えて女性関係にだらしなくなっている。
2. お金にだらしなくなっている
貸したお金を返さない、欲しいものがあるとがまんできない、初対面の人にはおごりたがる、友だちともお金の貸し借りを頻繁にしているようだなど、お金にだらしなくなっている。
3. お互いにプラスなっている気がしない
思い返してみたときに、出会った頃がお互いに一番素敵だった、と感じる時。お互いの存在がプラスに働かなくなり、妥協やあきらめにつながり、やる気もダウンさせてしまっていると考えられます。
少し寂しいかもしれませんが、夏はイベントが多いので気もまぎれます。学生の頃の夏休みのように、一定期間距離を置いてみれば、「本当に大切なパートナーなのかどうか?」ということも見えてきます。
photo by Thinkstock/Getty Images



(グリッティ)記事関連リンク
夏に向かってLOVE運アップ! かんたん&効果的な「風水ネイル」特集
壇蜜が証明! ゆっくりと話すだけでモテる女になれるワケとは?
こんな男は信用しちゃダメ! 初対面の「しぐさ&特徴」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP