ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッテリー切れよさらば! 新定番アイテム登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホのバッテリーの持ちは、仕事をはじめボクらの生活を充実させる上では重要なポイントだ。それゆえバッテリー残量が減ってくるとそのことばかりが気になったり、本当は使いたくてもスマホの利用をセーブしたり…なんてことも多いのでは? でももう、バッテリーにヒヤヒヤする必要はなし! ボクらの強い味方が登場したのだ!

【画像や図表を見る】

それは、パナソニックから新登場したUSBモバイル電源シリーズ。これまでも携帯できるバッテリーはいろいろあったが、この新シリーズは、ボクら使い手にうれしい改良点が満載なのだ。さっそくこだわりのポイントを、開発を担当したパナソニック 商品グループ エナジー・セキュリティチームの谷田治さんに聞いてみた。

まず、今回の新シリーズ開発で特にこだわったポイントは?

「お客様の『モバイル電源に求めること』の上位回答として『1回の充電で長持ちすること』と『使い勝手の向上』という点がありました。そこに注目し、サイズをそのままに1回の充電で長持ちさせるべく、安全性の担保を大前提に電池の選定や回路設計を行いました。特に苦労してこだわった点は、電池容量アップ、(コンパクトな)サイズ感、そして安全性、この3つを同時に実現することです」

なるほど、小さなバッテリーの中にもこだわりが詰まっているんですね。コンパクトで、容量も大きくて、しかも信頼性も高い。これはうれしいことがいっぱいだ。そのほか、細かいこだわりはありますか?

「コードをなくす心配をなくすための『コード一体アタッチメント』の開発です。『かゆいところに手が届く』そんな使い勝手の向上にもこだわりました」

確かに! これで、コードがカバンの中でからまったり、行方不明になったり…という心配もなし。巻き付けて本体とともに収納できるこのアタッチメント(※)は、意外と便利かも。

「今後、スマホの電源の高容量化は進むと想定されますし、並行して多機能化も進むことが予想されるので、モバイル電源の需要はまだまだあるでしょう」(谷田さん)とのことで、携帯式のバッテリーは業界も力を入れているようだ。

薄型で持ち運びやすいタイプのもの、国際規格「Qi(チー)」に対応した無接点充電パッド(別売)に置くだけで充電できる「おくだけ充電」に対応したものなど、様々なモデルが一挙に登場した、パナソニックのUSBモバイル電源。スマホのバッテリーの持ちに不安を感じているキミ、まずはサイトでラインナップをチェックしてみよう!

※ QE-PL203、QE-PL103、QE-QL202、QE-QL103に搭載
(R25編集部)

バッテリー切れよさらば! 新定番アイテム登場はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
世界の極楽ビーチBEST5
「ミドル級アイドル」に注目!
「公職選挙法」謎のルール
農協、医師会…組織票は何票ある?
「外貨預金」リスクとリターン

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP