ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

YUKI、ドラマ〈スターマン〉主題歌“STARMANN”を8月にシングル化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

YUKIが、関西テレビ・フジテレビ系の新ドラマ「スターマン・この星の恋」のために制作した新曲“STARMANN”を、8月21日にニュー・シングルとしてリリースすることがあきらかとなった。

明日7月9日にスタートする「スターマン・この星の恋」は、ヒットメイカーの堤幸彦が監督を、岡田惠和が脚本を担当し、広末涼子が約17年ぶりに連続ドラマの主役を務める注目作。劇中の音楽は大橋トリオがプロデュースしており、ドラマのなかで彼がカヴァーしたデヴィット・ボウイの“Starman”も流れるという。

YUKIは同ドラマの脚本を読んだうえで主題歌となる“STARMANN”を制作しており、楽曲については「広末涼子さん演じる主人公が、落ちていた男〈星男〉の傍にいたいと願う気持ちを表現したら、音楽の魅力に捕らわれて、強力な恋をしてしまった女の子の歌になりました」と説明。シングルはDVD付きの初回生産限定盤とCDのみの通常盤という2タイプが登場する予定だ。発売が待ちきれないファンは、まずドラマで楽曲をチェックしてみよう!

★YUKI “STARMANN”がドラマ「スターマン・この星の恋」の主題歌に決定した際のニュースはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。