ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Garmin、スマートフォンと通信してナビ情報を取得する車載用ヘッドアップディスプレイ(HUD)を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Garminは7月6日、スマートフォンと通信してナビ情報を取得する車載用ヘッドアップディスプレイ「Garmin Head-Up Display (HUD)」を発表しました。Garmin HUDは、スマートフォンからワイヤレスで取得したナビ情報を車のフロントガラスに貼り付けた透過型スクリーンに投影する車載用のヘッドアップディスプレイ。ドライバーはHUDによるナビ情報を視野に据えながら、いつもどおりの運転ができるとされています。スマートフォンとの通信はBluetoothで行い、ナビ情報はスマートフォン用アプリ「Garmin StreetPilot for iPhone」または「NAVIGON」(Android、iPhone、Windows Phone)から取得シます。投影されるナビ情報は進路方向、予想到着時刻、レーンガイド、速度、制限速度、トラフィック、セーフティカメラのアラート等。Garmin HUDの発売時期は米国で2013年夏。予定価格は$129.99(約13,000円)です。Source : Garmin



(juggly.cn)記事関連リンク
米国でGoogle Play Edtionの発送が開始
Android版「JR東日本 列車運行情報」がv1.0.1にアップデート、いくつかの不具合を解消
ZTE初のTegra 4スマートフォンとみられる「ZTE U988S」が中国で認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP