ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

流出したGalaxy S 4 Google Play Edition用Android 4.3(JWR66N)がXperia Zに移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの「Xperia Z」に流出したGalaxy S 4 Google Play EditionのAndroid 4.3を移植するプロジェクトがXDA Developersで立ち上がっていました。このプロジェクトは、先月28日に流出したGalaxy S 4 Google Play Edition用のテストビルド「JWR66N」をXperia Zでも動作するROMを開発しようというもので、すでにROMは公開されています。ROMはブートローダーをアンロックしたXperia Zだけにインストール可能で、ロック版にはインストールできません。ROMのインストール方法は、XDA Developersで配布されているZIPファイル(GoogleEdition-4.3-Xperia-Z-[BETA].zip)をXperia Zの内蔵ストレージにコピーし、ClockwrokModリカバリのROMフラッシュメニューからインストールするだけ。ROMにはGoogleアプリも含まれているので、別途GAppsパッケージをインストールする必要は無し。Source : XDA Developes



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、「HTC Butterfly」の台湾モデルにAndroid 4.2.2&Sense 5へのアップデートを提供開始
KDDI、IGZO搭載スマートフォン「AQUOS PHONE SERIE SHL22」を7月12日に発売
Sony Mobile、ワイヤレスヘッドセット「SBH50」「SBH20」「MBH10」を7月19日に発売、Sonyストアでは先行予約販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP