ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一流大の無料講義!MOOCsとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今春、京都大学は、オンライン上で講義を無償公開するサービス「edX」への参加を表明した。edXは、MIT(マサチューセッツ工科大学)とハーバード大学が作ったプラットフォームで、現在、27の大学が世界中から参加。京都大学では、第1弾の講義「生命の化学」を来年より配信予定だ。

【大きな図表や画像をもっと見る】

「オンラインでの講義は、地域や費用に制限されない、フラットな教育を実現する可能性を持っています。また、世界トップの大学と肩を並べて講義を行うことは、本校のレベル向上をも促します。このようなことから、edXに参加することを決めました」(京都大学・飯吉透教授)

大学が連携し講義をオンライン公開する取り組みは「MOOCs」と呼ばれ、2年ほど前から活発化。edXのほか60を超える大学が加盟する「Coursera」や「Udacity」がある。

「毎週更新される講義の動画を見て、期日までに課題を提出するのがMOOCsの基本スタイルです」と語るのは、MITで教育のオープン化に携わる宮川繁教授だ。MOOCsに年齢や地域の受講制限はなく、多くは無料で参加可能。修了時には修了証明をもらえる。

「修了証明は正式な大学の単位を取得したことにはなりませんが、教授の許可で下りるので、その価値に本質的な差はありません。難易度も大学で行われる講義と同等。すでに正式な単位として認定しようと動く大学もあります」(宮川氏)

MOOCsの講義は現状すべて英語だが、「MOOCsは受講者のコミュニティができるのが特徴。受講者同士で言語の問題をフォローし合うケースも多い」と宮川氏。実際、MOOCsの講義に日本語字幕をつけようと試みている人もいるようだ。

修学意欲のある社会人にとって、MOOCsの登場は歓迎すべき話。英語の壁はあるが、MITや京都大学の講義を誰でも自宅で受けられる時代が来たのである。
(有井太郎)
(R25編集部)

一流大の無料講義!MOOCsとははコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
“いいこと系ソーシャル”が増殖中
「ビジネスSNS」が続々登場
発売なるか?次期iPhoneの噂
「タブレット端末」どう使ってる?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。