体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30万円貯めたければ「二着目半額」に踊らされない

エンタメ

30万円貯めたければ「二着目半額」に踊らされない
 貯金できる人と貯金できない人はどんなところに違いがあるのだろうか?
 その一つにあげられるのが「貯金できる人はムダづかいをしない」ということ。世の中には、私たちに「お得だ」と思わせておいて、ムダづかいをさせるたくさんの仕掛けがある。そういったトラップに引っかかってしまうと、毎月貯金をしていても、なぜかなかなか貯金額が増えないのだ。

 「貯蓄出来る人と出来ない人の違い」連載の最終回は、野呂エイシロウさんの著書『毎日○×チェックするだけ!なぜかお金が貯まる手帳術』(集英社/刊)の中から、貯金できない人の“無駄づかい”ポイントについて紹介をしていく。
 この3つの事例は、いずれも消費者に「お得だ」「欲しい」と思わせる戦略をとっており、ついつい乗っかってしまっている人も多いはず。あなたはどうだろうか。

【紳士服店で…】
お金が貯まる人→シャツ一枚だけ買う人
お金が貯まらない人→「二着目半額」に踊らされる人

 紳士服店でよく見かける「二着目はスーツ半額」というセール。「二着買ったほうがお得だ」と感じる人も多いだろうが、そのときに買った二着目はずっとタンスの中…なんていうこともよくある話だ。
 お金のコントロールができる人は、必要なものを必要なときにしか買わない。野呂さんは昔、スーツ専門店でアルバイトをしていたことがあったが、高級車に乗ったお客の多くは、シャツ一枚だけ、ネクタイを一本だけ、といった形で買いたいものしか買わず、「二着目はスーツ半額」という宣伝文句に踊らされる人はいなかったと回想している。

【バーゲンセール】
お金が貯まる人→欲しいものが安くなったときに買う
お金が貯まらない人→宝探し感覚で欲しいものを探す

 たくさんの人たちで溢れかえるバーゲンセールでは、ここぞとばかりに洋服をまとめ買いする人も多い。しかし、安いからといってたくさん買っても、「全然似合わなかった」「そもそもサイズが合わなかった」ということでは、お金を払った意味がなくなる。
 貯金ができる人はムダづかいをしない。バーゲンに行っても、かねてから欲しかったものを一点張りし、それだけを買うのだ。つまり、「あの服を買う」という目的をもってバーゲンに行くということだ。バーゲンセールに行くと「何か買わないといけない」という雰囲気にのまれがちだが、その空気に流されないようにグッと我慢しよう。

【CD】
お金が貯まる人→音楽のためにCDを買う人
お金が貯まらない人→握手のために何枚もCDを買う人

 最近もはや当たり前となった感じがする“特典付き”のCD。その代表格が握手券で、憧れのアイドルと握手をするために何枚もCDを買ってしまう人もいる。
 このノベルティーの戦略は、人間の心理を巧妙についてくるのでハマり込んでしまうと購買意欲がそそられ、同じものを何個も買ってしまうと野呂さんは指摘する。例えば、スポーツ選手のカード付きのお菓子や、ミニフィギュア付きの清涼飲料水を何度も買ってしまうのも同じ心理といえるだろう。
 CDは握手するためのものではなく、音楽の聴くためのもの。自分は音楽を聴くためにCDを買っていると考えられる人は貯金が出来る人だ。音楽だけならCDは一枚で済む(それぞれのバージョンで一曲だけ収録曲が違っていたりすることも多いが…)。そこに気づくことができれば、ムダな出費は減るはずだ。

1 2次のページ
エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会