ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HisiliconのK3V3プロセッサは8コアCPUのオクタコアプロセッサらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huaweiの次期スマートフォンモデルに搭載されることが予想されるHisiliconの新型SoC「K3V3」はCPUコアを8個内蔵したオクタコアプロセッサだと伝えられています。K3V3については、これまではCortex-A15✗4 CPUとMali GPUを内蔵し、28nmプロセスで製造されるクアッドコアプロセッサとされてきましたが、GSMInsiderによると、K3V3はCPUコアを8個内蔵したオクタコアプロセッサとのことです。K3V3の開発を手がけるHuawei傘下のHisiliconは、すでにK3V3の開発を完了させているそうです。L3V3の詳細仕様は不明ですが、特徴的な機能として、プロセッサの冷却と電力効率を向上させるために、プロセッサが高温になると、動的に動作性能を抑制する技術が適用されていると伝えられています。Source : GSMInsider



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.3のテストビルドでroot化に成功
HTC One欧州モデル(401モデル)にもAndroid 4.2.2へのアップデートが配信開始
SIMロックフリー版「Ascend P6」が英国で発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP