ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東芝、無線LANを内蔵したデジカメ用SDHCメモリカード「FlashAir」の16GBモデルを7月6日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

東芝は7月4日、無線LANを内蔵したデジカメ・ビデオカメラ向けのSDHCメモリカード「FlashAir」の追加ラインアップとして、容量の増加と書き込みスピード・転送速度の高速化を施した16GBモデル「SD-WC016G」を発表しました。発売予定日は7月6日。価格はオープンですが、家電量販店では5,480円前後と案内されています。「FlashAir」は、カードを装着したデジカメやビデオカメラから写真や動画をスマートフォンやタブレットにワイヤレスで転送できるSDHCメモリカード。今回発表された「SD-WC016G」では、容量を16GBに増やしたことに伴い、書き込み速度10MB/s以上を保証するClass10を採用して書き込み速度を高速化。さらに、無線LANチップも改良により、無線LANでの転送速度が従来製品に比べて30%向上したとしています。Android向けにはGogole Playストアで専用アプリ「FlashAir」が配布されており、インストールすることで、カード内の写真や動画の一覧を閲覧したり、プレビューしたり、複数の写真を選択してAndroid端末にコピーすることなどができます。Source : 東芝



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.3を搭載した「HTC One Google Play Edition」がBluetooth SIGの認証を取得
「ウェザーニュースタッチ」で2013年の花火大会情報の配信が開始
Sony Mobileがフランスで開催したプレスカンファレンスは「Xperia Z Ultra」と「SmartWatch 2」の発表がメインだった模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。