ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題の新人Salley、ツンデレな新曲“green”がタワー限定シングルに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


Salley “green”ジャケット画像

 

作詞担当のうらら(ヴォーカル)と、作曲とアレンジを担う上口浩平(ギター)の2人によって2012年に結成された音楽ユニット、Salley。タワーレコードでは、彼らのニュー・シングル“green”を7月31日にタワー限定で発売することが決定しました! 

アイリッシュ・トラッドの名曲“Down By The Salley Gardens”に由来するユニット名を持ち、洋楽やJ-POPといったジャンルの枠を超えた良質なクロスオーヴァー・ミュージックで人気を拡大中の彼ら。今年5月にリリースしたデビュー・シングル“赤い靴”がTVアニメ「トリコ」のエンディング・テーマに抜擢されスマッシュ・ヒットを記録するなど、いま注目の存在です。

5,000枚限定となるシングルの表題曲は、ライヴでの高評価から発売が待ち望まれていたSalley初期のナンバー。強がりながらも〈本当は弱い気持ちを分かってほしい〉という女性の複雑な恋心を、夏らしい爽やかなギターのトラックに乗せて歌った〈ツンデレ〉ソングです。CDには、新曲“愛の言葉”と“赤い靴”のアコースティック・ヴァージョンも収録。〈夏のこの時期に聴いて欲しい〉というメンバーの想いからリリースすることとなった“green”をぜひチェックしてくだい!

また、シングルの発売を記念して、東京、名古屋、大阪、札幌、福岡の全国5か所のタワーレコードでSalleyのインストア・ライヴを開催することも決定。イヴェントは彼らにとって初のアコースティック演奏によるライヴとなります。詳細はTOWER RECORDS ONLINEおよびSalleyのオフィシャルサイトで近日発表の予定なので、続報にご注目ください!

★Salley“green”のティザー映像はこちら

 

〈Salley “green”収録曲〉
1. green
2. 愛の言葉
3. 赤い靴(acoustic studio session)

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP