ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、香港で「HTC Butterfly s」のLTE版を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCは7月4日、香港でプレスカンファレンスを開催し、新型Androidスマートフォン「HTC Butterfly s」を発表しました。香港で発売される「HTC Butterfly s」は台湾モデルとは異なり、2G/3Gに加えて、LTE cat 4 150Mbpsに対応したモデルです。香港では、現地キャリアのPCCWからも発売されることになっています。本体価格は内蔵ストレージ容量16GBで6,198香港ドル(約79,000円)。HTC Oneよりも高価ですね。「HTC Butterfly s」は、現行の「HTC Butterly」を継承したデザインの5インチフルHDスマートフォン。プロセッサをSnapdragon 600 1.9GHzクアッドコアにアップグレードし、バッテリー容量を3,200mAhに増加したほか、フロントデュアルスピーカーや約400万画素のUltraPixelカメラ、赤外線リモコン機能、Draft IEEE802.11acに対応させるなど、スペックは大幅に強化されています。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)+Sense 5.0を標準で搭載しています。Source : ePrice HK



(juggly.cn)記事関連リンク
牛丼チェーン「松屋」の公式Androidアプリがリリース、割引クーポンも配信中
Acer、「ICONIA A1-810」国内版にタッチパネルの動作改善アップデートを提供開始
Android 4.1.2を搭載した「ARROWS Tab F-05E」がBluetooth SIGの認証を再取得、アップデート実施間近?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP