ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いとうせいこう、16年ぶり長編小説「想像ラジオ」が初の芥川賞候補作に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

いとうせいこうの小説「想像ラジオ」が、第149回芥川龍之介賞(芥川賞)の候補作品に選出された。 

日本のヒップホップ・シーンの確立に大きく貢献し、現在も□□□のメンバーとして音楽活動を展開するかたわら、TVや映画、舞台などさまざまなジャンルでマルチな才能を発揮している彼。小説家としては、88年に新潮社から刊行した「ノーライフキング」が第ニ回三島由紀夫賞の候補作となり、その後も「ワールズ・エンド・ガーデン」「アタとキイロとミロリロリ」「豊かに実る灰」など多数の作品を発表してきた。

彼にとって初の芥川賞候補となる「想像ラジオ」は、16年ぶりの新作長編小説として「文藝」2013年春季号に掲載されたもの。東北地方太平洋沖地震が発生した後の世界を舞台に、死者の声を届けるディスクジョッキーの姿を描いた話題作で、第ニ十六回三島由紀夫賞の候補にも選ばれた。芥川賞の発表は7月17日の選考会にて行われるので、続報に注目しておこう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP