ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、質量94gの軽量スマートフォン「DIGNO R 202K」を7月5日に発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバクは7月3日、SoftBankスマートフォン2013年夏モデル「DIGNO R 202K」を7月5日(金)に発売すると発表しました。DIGNO R 202Kは、防水・防塵に対応しながらも質量わずか94gの軽量ボディが特徴のAndroidスマートフォン。”世界最薄の防水スマートフォン”と謳われています。ディスプレイは4.3インチ1,280✗720ピクセルの液晶、プロセッサは1.5Gz駆動のSnapdragon S4 MSM8960デュアルコアプロセッサを搭載。スペック的にはミッドレンジクラスの機種です。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を標準搭載。国内定番機能は、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、防水・防塵(IPX5/X7・IP5X)に対応しています。また、他の夏モデルと同様に、TD-LTE互換のデータ通信サービス「SoftBank 4G」にも対応しています。また、京セラスマートフォンの一部に搭載されている「スマートソニックレシーバー」が202Kにも採用されています。ディスプレイ全体が振動して通話音を耳内に伝えるスピーカーシステムで、雑踏などの雑音が懸念される場所での音声がクリアになると言われています。RAM容量は1.5GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードも利用可能です。カメラは810万画素CMOSと前面に32万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0に対応。バッテリー容量は1,800mAh。本体サイズは122mm×60mm×10.4mm。カラバリはターコイズグリーン、ピンク、ブラック、ホワイトの4色。DIGNO R 202K本体の発売に合わせて、「SoftBank SELECTION」では、DIGNO R 202K用のケースや液晶保護フィルムも発売されます。Source : ソフトバンクDIGNO R 202Kのスペック



(juggly.cn)記事関連リンク
英Handtecが「Xperia M(C1905)」の予約受付を開始、8月上旬に発売予定、価格は£179.99(約27,000円)+VAT
NTTドコモ、Xperia✗初音ミクのコラボモデル「Xperia feat. HATSUNE MIKU SO-04E」を発表、9月下旬に限定39,000台で販売
「Moto X」のバックカバーは最低でも16色から選べるらしい、実物の写真も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP