ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia SP用カスタムカーネル「DooMKernel v01」がリリース、1.89GHzまでのオーバークロックにも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの2013年ミッドレンジモデル「Xperia SP」のオーバークロックに対応した初のカスタムカーネル「DooMKernel v01」がXDA Developersで公開されました。Xperia SPに搭載されているデュアルコアプロセッサ「MSM8960Pro」のCPUはデフォルトでは384~1728MHzの間で動作しますが、今回紹介する「DooMKernel v01」に書き換えることで、最大クロックを1890MHzに引き上げることができます。このカーネルでは、NLS_UTF8やled NTFS R/Wのサポート、Cortex-A15 CPUコアへの最適化処理なども行われています。DooMkerlenはカスタムリカバリ「ClockworkModリカバリ」も包含しており、カーネルを書き換えると、自動的にリカバリイメージも書き換わります。DooMKernelをの導入方法、XDA Developersで配布されているZIPファイル(SP-DooMKernel-v01.zip)をダウンロードしてPC上で解凍。Xperia SPをFastbootモードでPCとUSB接続し、コマンドプロンプト上で、Fastbootコマンド(fastboot flash boot kernel.elf)を実行するだけです。Source : XDA DevelopersXperia.cz



(juggly.cn)記事関連リンク
次期Androidの標準ホームアプリでは、ドロワー内でアプリやウィジェットの並べ替えが可能?
バンダイ、ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」の公式Androidアプリをリリース
Motorolaが「Moto X」のサインアップページを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP