ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今夏必見! ブロマンス映画3作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この夏、男の絆を描いた“ブロマンス”映画が続々公開される。ブロマンスとはbrother(兄弟)&romance(ロマンス)からの造語で、深い友情で結ばれた男同士の関係を指す。そんなブロマンス映画の秀作3本をご紹介しよう。

【画像や図表を見る】

まずは、大ヒットシリーズ最終章『ハングオーバー!!! 最後の反省会』。これまで、大酒を飲んで記憶を失くし、二日酔いを抱えながらトラブルを解決してきた悪友たち。今回は、大物ギャングに拉致された男友達ダグを救うため、フィル、ステュ、アランの3人組が因縁のラスベガスで大奮闘する。互いに文句をいいながらも最後には絶妙のコンビネーションで魅せるドランク・コメディは爆笑必至。“史上最悪の二日酔い”のフィナーレから目が離せない。

次は禁酒法時代のアメリカを舞台に、実在する密造酒の売買をする兄弟と悪徳取締官との攻防を活写した『欲望のバージニア』。密造酒ビジネスを営むボンデュラント3兄弟は、賄賂を要求する新任の取締官レイクスと全面対決することに。野心家の三男ジャックのしくじりから大切な者を亡くした3兄弟は、ついに橋の上で死闘を繰り広げる…。実際にあった伝説の復讐劇に兄弟愛を見た!

ラストはピクサーが手掛ける大人気アニメーションの前日譚『モンスターズ・ユニバーシティ』。《怖がらせ屋》の最強モンスター、サリー&マイクの名コンビ誕生の瞬間が描かれる。人間を怖がらせるテクニックを学ぶエリート大学で、マイクはサリーとルームメイトに。最強モンスターになるべく研鑽を積む2人だったが、小柄でかわいらしいマイクは教師から「怖がらせ屋はムリ」と言われてしまう。夢をあきらめきれないマイクはある秘策に出るが…。マイクとサリーそして学友たちの心温まる友情ドラマは必見だ。

喜びや悲しみ、悩みに共感し、窮地に陥っても見捨てずに助けてくれる…“相棒”よりも少し親密な男同士の絆を描くブロマンス映画に、この夏はどっぷり浸かってみたい!
(足立美由紀)
(R25編集部)

今夏必見! ブロマンス映画3作はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ジブリ新作『風立ちぬ』早くも絶賛
女子ウケする音楽、漫画、小説は?
なぜヴェネチア国際映画祭は日本が大好きなの!?
無名俳優ばかり出演の映画が大注目
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP