ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Pantech、日本向けモデル「VEGA PTL21」を台湾で「VEGA Q PTL21」として発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIの2012年冬モデルとして発売されたPantechのAndroidスマートフォン「VEGA PTL21」が台湾で「VEGA Q PTL21」として発表されました。台湾で発表された「VEGA Q PTL21」は、4.3インチHDディスプレイ、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、16GBのROM、Micro SDカードスロット、背面に800万画素カメラ、前面に200万画素カメラ、1,810mAhバッテリーを搭載し、IP55/IP57の防水・防塵に対応しています。OSはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)で、赤外線センサーを活用したジェスチャー機能「VEGA Motion」も組み込まれています。台湾では、CDMAキャリアの亞太電信(Asia Pacific Telecom)よりミッドレンジクラスの防水・防塵スマートフォンとして発売されます。価格は11,400台湾ドル(約37,000円)。CDMAキャリア向けの機種ですが、GSM方式とWCDMA方式にも対応しています。亞太電信は「VEGA Q PTL21」のほか、韓国で発売された5.9インチ第画面スマートフォン「VEGA No6」の発売も発表しています。Source : UDN



(juggly.cn)記事関連リンク
「HTC One mini」ブラックバージョンの実物写真が今度はブルガリアで流出
KDDI、停止していた「Xperia VL SOL21」のAndroid 4.1.2アップデートを再開、不具合修正のアップデートも同時に提供
ポラロイド社公認のカメラアプリ「Polamatic」のAndroid版がリリース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP