ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロの名曲集がトップ! 6月のタワレコ全店インディーズ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

2013年6月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表します!

1. ももいろクローバーZ 『入口のない出口』
2. [Champagne] 『Me No Do Karate.』
3. locofrank/HAWAIIAN6/dustbox 『THE ANTHEMS』
4. andymori 『宇宙の果てはこの目の前に』
5. ROTTENGRAFFTY 『Walk』
6. 愛乙女★DOLL “Paradise in the summer”
7. 矢沢永吉 『ALL TIME BEST ALBUM』
8. KANA-BOON 『僕がCDを出したら』
9. 超特急 “Bloody Night”
10. Da-iCE “I’ll be back”

 

6月のチャートで首位を獲得したのは、ももいろクローバーの結成5周年を記念したCD作品『入口のない出口』。スターダストレコーズ(SDR)から登場したこのアイテムは、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する彼女たちがまだ〈Z〉になる前のももいろクローバー時代の奇跡をまとめたもので、初CD化の音源も多数収録されています。

2位には、快進撃を続ける[Champagne]による約1年2か月ぶりのオリジナル・アルバム『Me No Do Karate.』がランクイン。続く3位はlocofrank、HAWAIIAN6、dustboxという人気インディーズ・バンド3組が新曲を持ち寄って制作した〈3ウェイ・スプリット・アルバム〉の『THE ANTHEMS』、4位は9月の東京・日本武道館公演をもって解散するandymoriのニュー・アルバム『宇宙の果てはこの目の前に』、5位はROTTENGRAFFTYの5枚目のアルバム『Walk』と、バンド勢の新作が人気を集めました。

ほかには、6人組アイドル・グループである愛乙女★DOLLのサード・シングル“Paradise in the summer”、ドラマ「ヴァンパイア・ヘヴン」のエンディング曲に起用された超特急の最新シングル“Bloody Night”、ダンス&ヴォーカル・グループのDa-iCEがシングル化したライヴ定番曲“I’ll be back”がトップ10内に初登場。矢沢永吉のベスト盤とKANA-BOONの初ミニ・アルバムはロング・ヒットとなっています!

★タワーレコードのチャートに関するニュース記事一覧はこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP