ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アベノミクス 海外では絶賛との報道多いものの揶揄も目立つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま欧米では、「Euthanabe」(ユータナベ)なる言葉が登場している。フランス語の「Euthanasie(安楽死)」と「Abe(安倍首相)をかけた造語である。

 きっかけは6月11日放送のフランス・ニュース番組に登場したファイナンシャルコンサルタントのオリビエ・ドゥラマルシュ氏が、「安倍首相の経済政策はみんなが呼ぶ『アベノミクス』のような代物ではない。世界はこの国の財政赤字を見逃している。私はそれをむしろ『Euthanabe』と呼びたい」と発言したことだった。つまり同氏は「アベノミクスは、日本経済を安楽死させる」と主張したのだ。

 日本では「アベノミクスが海外で絶賛されている」との報道ばかり目立つが、実際にはアベノミクスへの揶揄が目立ち始めている。たとえば6月18日付英デイリーメール紙はこうだ。

〈日本の『新人』安倍晋三の新ケインズ主義的な、カネを使え、使え、使えというアプローチは、アングロサクソンによるもっと注意深いアプローチとぶつかり合った。ところで、晋三、素晴らしい髪型だ。(ロカビリーの歌手の)シェイキン・スティーブンスと同じ床屋に行ったの?〉

 安倍首相を小馬鹿にしながら、アベノミクスの金融緩和や財政出動が、英米の緊縮財政路線と真っ向から対立すると指摘している。ほかにも様々な比喩でアベノミクスはいじられる。

〈15年のデフレの後、日本の指導者が再び劇的に方向を変え、インフレに向かって猛スピードで走っている。戦略的な意味では、この急激な変化は『パールハーバー』を思い起こさせる〉(英フィナンシャルタイムズ)

〈日本は年間のGDPの倍以上の債務の「フジヤマ(富士山)」を蓄積してきた。(中略)だが日銀新総裁は、このリスクある債券を買い入れようとしている〉(独シュピーゲル)

 よくまあネタが尽きないものだが、〈安倍の大胆な実験が変化をもたらしても、女学生がセーラー服で学校に行くのは変わらないだろう〉(英インディペンデント)とのたとえは、いくらなんでも古すぎないか。

※週刊ポスト2013年7月12日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
浜矩子氏 株価暴落はアベノミクスのバブル破綻し始めた象徴
経団連、メガバンク、マスコミのみアベノミクス称賛と大前氏
安倍首相経済ブレーン 消費増税は2年待たなければならない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。