ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「G’zOne TYPE-L CAL21」と「ARROWS Z ISW13F」にソフトウェアアップデートを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは7月2日、NECカシオ製Androidスマートフォン「G’zOne TYPE-L CAL21」と富士通モバイル製Androidスマートフォン「ARROWS Z ISW13F」に対して、システムの不具合解消を目的としたアップデートの提供を開始しました。G’zOne TYPE-L CAL21のアップデート内容 海外においてデータ通信機能が利用できない事象を改善ARROWS Z ISW13Fのアップデート内容 カメラが起動しなくなる事象を改善 ギャラリーの起動中に「しばらくお待ちください」のメッセージがしばらく表示される事象を改善 WiMAXの利用設定時に確認画面の表示する仕様に変更更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です(Wi-Fi、3G、LTE、WiMAXのいずれも可)。CAL21/ISW13Fの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」より手動で即時アップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は、CAL21が約8分、ISW13Fが約35分。アップデート後のソフトウェアビルドは、CAL21が「A1000621」、ISW13Fが「V75R58A」。Source : KDDI(CAL21)(ISW13F



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One SはAndroid 4.1止まり、Android 4.2.2・Sense 5へのアップデートは実施されない見込み
Xperia GX/SXがAndroid 4.1.2へのアップデートでワイヤレスディスプレイ(スクリーンミラーリング)に対応、Push2TV PTV3000ではOKでした
GMD Auto Hide Soft Keys ★ root : Androidのナビゲーションバーを隠して画面を広く使えるようにするアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP