体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オバマ大統領を翻訳サイトで翻訳するとスゴイことに

アメリカ初の黒人大統領となる、バラク・オバマ次期大統領。今後の政策や景気回復に期待が寄せられており、諸外国からもその手腕に注目が集まっている。そんな注目されまくりのオバマ次期大統領だが、Barack Obama という英字の名前に President という大統領を意味する単語をつけて翻訳サイトで翻訳すると、スゴイことになるという。

いったいどんな言葉に翻訳されるのだろうか? 日本を代表する翻訳サイト数社で President Barack Obama (プレジデント・バラク・オバマ)を日本語に翻訳してみた。

<livedoor 翻訳 の場合>
http://translate.livedoor.com/
President Barack Obama

Barack小浜大統領

<Yahoo!翻訳 の場合>
http://honyaku.yahoo.co.jp/transtext
President Barack Obama

大統領Barack小浜

<エキサイト翻訳 の場合>
http://www.excite.co.jp/world/english/
President Barack Obama

Barack小浜の社長

<Google 翻訳 の場合>
http://translate.google.co.jp/translate_t
President Barack Obama

バラクオバマ大統領

小浜さんってどこの大統領なのだろうか……。どうやら、ちゃんと翻訳しているのは『Google 翻訳』だけのようだ。しかし、『エキサイト翻訳』の「小浜の社長」は、なかなかセンスのある翻訳である。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。