ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年のクールビズはふんどしに日傘?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年の震災以降、一段と意識されるようになったクールビズ。気象庁の予報によると「今年の夏は高温傾向」と予測されているし、節電を持続するためにもクールビズアイテムを取り入れて快適に過ごしたいところ。そこで、2013年の最新クールビズアイテムをご紹介しよう。

【画像や図表を見る】

「3月に当社が発売した『ふんどしNEXT』は、古来愛用されていた“ふんどし”の特徴である風通しの良さや開放感を生かし、スタイルとデザイン、そして素材を現代風にアレンジしたクールビズアイテムです。蒸れやすいとされる太もも回りの生地を徹底的に取り除くことで、蒸れを解消し、涼しさを追求しました。ウェブ通販を中心に売れ行きが伸びていますね」(ワコール メンズインナーPR・伊藤和永さん)

下着ならTPO選ばず気軽にクールビズを実践できるし、湿気の多い季節には嬉しいアイテムですね。また、繊維メーカーの東レは、同社のビジネスマン向けクールビズブランド『COOL AVENUE(クールアベニュー)』に意外な男性向けアイテムを投入するのだとか。

「ビジネスマン向けのクールビズ企画の製品として、自宅の洗濯機で水洗いできるジャケットに加え、オーロラ社から紳士用日傘アイテムを新たに販売します。これは優れた遮熱効果を持っている『サマーシールド』という生地を使用した日傘で、婦人用のヒットを受け、今年から男性向けも登場させました」(東レ広報・原口翠さん)

ちなみに、2013年のクールビズアイテムのトレンドについて、20~30代のビジネスマン向けのコーディネートに詳しいパーソナルスタイリストの森井良行さんはこう語る。

「スポーツ選手やアスリートたちが着用していた通気性の良い素材や、冷感素材をビジネスウェアに落とし込むという流れがこれまで以上に加速すると思いますね。また最近30~40代向けのメンズファッション誌の売り上げが伸びているのですが、これに付随するように、ビジネスマン向けのクールビズアイテムもオシャレに進化しています。ですから、クールビズアイテムの『着こなし術』も新たなファッションジャンルの一つとして取り上げられていくのではないでしょうか。それから、ネクタイを外した状態でも、上品に見せることができるシックなデザインのポケットチーフも人気になっていくと思いますね」

早くも熱い商戦が始まったクールビズアイテムを上手に取り入れ、これからの季節を快適に乗り切りたいですね。

(冨手公嘉/verb)
(R25編集部)

今年のクールビズはふんどしに日傘?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
2月14日は「ふんどしの日」?
冷夏・暑夏の定義って何?
ワイシャツが着崩れないインナー
夏に間に合わせる最新ダイエット法
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。