ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WEBオリジナル連載〈BO NINGENの人生一度きり〉第5回を更新!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

ロンドンのアートスクールに通っていたメンバーによって結成され、ガレージ・ロックやジャパニーズ・ノイズなどを経由したサイケデリックなサウンドと鮮烈なパフォーマンスで〈NME〉などの地元メディアからも注目を集めるUK在住の日本人バンド、BO NINGEN。7月末から8月にかけて再来日ヘッドライン公演を東名阪で行い、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉〈RISING SUN ROCK FES〉への出演も決定している彼らが現地の音楽やアートにまつわるあれこれを紹介するWEBオリジナル連載、〈BO NINGENの人生一度きり〉の第5回を更新しました!

今回は、ヴォーカル/ベースのTaigen Kawabeがロンドン以外での活動&単独行動が多かった6月の模様をレポート。サポート・ヴォーカルを務めるキング・ミダス・サウンドでポルトガルのフェスに出演し、その後はマウス・オン・マーズのヤン・ヴェルナーによる実験オペラ作品「Miscontinum」のためにベルリンとミュンヘンを訪れ、BO NINGENとしてロンドンでオノ・ヨーコが開催した〈メルトダウン・フェスティヴァル〉に参加したかと思いきや、クラウト・ロック/インダストリアル・ミュージックの源流であるファウスト主催の〈アヴァンギャルド・フェスティヴァル〉のため再びドイツへ……と、彼が巡ったヨーロッパ各地の風景を紹介しています。気になる人はいますぐチェックをどうぞ!

★記事はこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP