ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホバリングもできる超小型ハエロボット【サイエンスニュース】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

軍事の分野では無人航空機、いわゆる「ドローン」の是非が注目されている。一般的な航空機と同程度からラジコン機サイズまで、ドローンの大きさは様々だが、ハーバード大学 Kevin Ma博士らの研究チームが開発したハエロボットは群を抜いている。翼長は3cm、重さ80mgと、まさに昆虫並みのサイズなのだ。

このハエロボットの羽はカーボンファイバーの骨格で補強されたポリエステルの膜でできており、電圧をかけると変形する圧電素子によって、毎秒120回羽を羽ばたくことができる。この羽はあまりにも小さくて薄いため、普通の製造方法で作ることは不可能だ。研究チームは、重ねたシートを飛び出す絵本のように折りたたむことで、3次元的な形状を作ることに成功した。

コンピュータ制御システムがハエロボットの動きをモニターしており、左右の羽を別々に制御して飛行のバランスを取る。本物の昆虫のように滞空する「ホバリング」も可能だ。

ただし、現在のところ、ハエロボットはバッテリーを内蔵しておらず、外部から電線を通じて電力を供給している。これはロボットを駆動できる最小のバッテリーでも500mgの重量になってしまうためだ。また、姿勢制御を行うにも外部のコンピュータが必要になる。Ma博士は、バッテリーの問題は5年から10年程度で解決すると予想している。
では、バッテリーや制御システムを内蔵した自律型のロボットが完成したら、どのような応用が可能になるのだろう? 冒頭に挙げたように、軍事目的にも使われるかもしれないが、研究チームは崩落した建物での捜索作業や、農作物の受粉などへの応用を検討しているという。

(文/山路達也)

記事提供:テレスコープマガジン

すべてのトピックスをみる – livedoor トップページ

外部サイト

夏だ!水着だ!ムダ毛処理だ! 抜く?剃る?溶かす??【ゴスロリ社長はるにゃんのエステの裏技】
ちょっとの違いで節約生活! スマホを少しお得に使う方法
ホバリングもできる超小型ハエロボット【サイエンスニュース】

関連ワード:
ロボット  サイエンス  ハーバード大学  

※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP