ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏場の“足ムレ”対策&アイテム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジネスマンにとって欠かすことのできない「革靴」。この時期は、足の汗や湿気でムレやすく、ニオイも気になるもの。飲み会で靴を脱ぐ場面では不安を感じることもある。そこで、革靴のムレやニオイを防ぐ方法について、靴用品メーカー「コロンブス」の松戸FACTORY研究担当・高橋晃一さんに聞いた。

【画像や図表を見る】

まず、履くときに気をつけることは?

「足ムレや靴内の嫌なニオイを抑える効果のあるインソールを、靴の中に入れましょう。1日履いた後は、靴からインソールを取り出して乾かすことをおすすめします。靴の中に入れたままにしておくより、一層効果的です」

また、高橋さんによれば、保管や手入れの仕方によってもムレにくくできるそう。

「帰って靴を脱いだら、まずは消臭スプレーを靴の中にひと吹き。このひと手間で、ニオうかニオわないか大きく変わります。そして、履いた靴は1日休ませ、2足以上をローテーションで履くようにしましょう。靴用の乾燥剤を入れて風通しのよい場所に置くと湿気が残らないため、次に履くときにムレにくくなります。最近は、熱をさえぎる靴クリームもあります。手入れの際に塗れば、足ムレ対策にもなりますよ」

梅雨から夏場にかけて多くなる雨も、靴のニオイの原因になりそうだけど…。

「その通りです。だから、雨が靴に染み込まないように、防水スプレーはマスト。濡れたまま放置しておくと、靴にカビが生えてニオうこともあります。靴が雨で濡れたら、乾いた布で拭き、カビ用ミストをかけておくとカビ予防になります」

なるほど。スプレーするくらいなら、手軽にできそうだ。

さらに、ムレ対策仕様になっている革靴も注目されている。紳士服のAOKIの「BIZ-TECHシューズ AIR」は、水を通さない素材でできた革靴。一方、靴底にある通気機能や撥水機能が優れているのでムレにくく、快適な足元を実現してくれる。ビジネス用の革靴だけでなく、スニーカーも進化している。アディダスの「climacoolrevolution」は、360度全方向から空気を取り入れ、汗と熱を放出してくれる。

足のムレやニオイを抑えるアイテムは、続々と登場している。紹介したテクニックとともにうまく活用して、夏場の足元を清潔に保とう!
(有竹亮介/verb)
(R25編集部)

夏場の“足ムレ”対策&アイテムはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「スメルハラスメント」容疑に注意
僕らの体臭は何m先まで届くの?
舌や歯を拭いてお口をケアするシート
涼しげで足ムレ無縁の“下駄ライフ”を体験してみた
足クサを予防する梅雨の“足元”対策!

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。