ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男子目線からのアドバイス!「出会いがない」となげく前に行動したい3つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫


女性誌や書籍にて、女子のリアルな恋愛事情を取材・執筆している福島はるみさん。男性誌でも「男名」のペンネームで取材し、彼らの本音を根ほり葉ほり聞き出すのが得意☆
恋愛サプリ♪では、そんな福島さんの情報網にかかった役立つ恋愛データを週1でお届けしちゃいます♪
■漠然とした「出会い待ち」では意味がない?
先日、彼氏いない暦4年という美人Aちゃんと、元・合コンマスターの男友達だちBくんの3人で食事をしたときのこと。Aちゃんは今年が20代最後の年齢ということで、「恋人がいなくて猛烈に焦っている」と悩みを打ち明けてくれました。
「Aちゃんだったら引く手あまたでしょ。理想が高過ぎるんじゃないの!?」と私は驚いたのですが、彼女いわく「本当にモテない。出会いもない」! 社会人なりたての頃は合コンの誘いもあったけど、最近はほとんど声がかからないのだとか。「飲みに行ったとしても、職場の人たちや女子会だし、本当に新しい出会いがないんです」とのこと。
数年前に結婚して、かわいいお子さんにも恵まれた30代前半のBくんは「でもそれはAちゃんの努力が足りないよ」とばっさり。「ただ出会いを待ってたって王子様は現れない。いくら美人のAちゃんだってね。サッカーの本田圭佑選手もボールを蹴らなければPKを決められないし、元大リーガーの松井秀喜さんだってバットを振らなければ球に当たらない! Aちゃんも自分でなにかしらアクションを起こさないと」…話は壮大になっていきました(笑)。
■出会いを引き寄せる方法
Aちゃんと同じように「出会いがない!」という女子はたくさんいるかと思います。そこでBくんがAちゃんに伝授した「出会いを引き寄せる方法」を今回はご紹介しますね。

・とにかく人が大勢いる場所に行ってイメトレする

「たとえば渋谷駅や新宿駅の改札口など、大勢の人が行き交う場所に立って、その様子をしばらく眺める。そこで『こんなに人がいる。大丈夫。私は誰かと必ず出会う』と強くイメージ。『出会うはずがない』から『こんなに男性がいるんだもの絶対出会うはず』と思考が切り替わるから」

・常に「男性の目」を意識したメイクやファッション、仕草を心がける

「彼氏や好きな人がいないからって、油断している女性って結構多いんだよ。僕は既婚者だから、独身女性の対象者ではないことくらい十分わかっているけど、あまりにも僕の前で『圏外』みたいな格好や態度をとられるとがっかりするよね。そういうのって、独身者や気になる異性の前だけ発揮されても、男性だってばかじゃないからつけ焼き刃だってわかるんだよ。どんな人の前でも、『美しさ』『色っぽさ』を醸し出していることって大事だと思う」

・女子会にどっぷりつかってはダメ

「よくさ、女子会やってるテーブルから『素敵な人ってなかなかいないよねえ』とか、自分たちの色気のなさをものすごい高い棚にあげて、男性非難をしている会話が聞こえてくるんだけど、げんなりだね。傷を舐め合って、しかも出会いがないことを男性のせいにしているあのグループの女の子たちに、素敵な出会いがあろうはずがない!
出会いがないと女子だけでなげく暇があったら、ワイン会やジョギングサークルなど、なんでもいいから趣味の集まりなどに積極的に参加して、いろんな男性と出会うきっかけを自ら作っていかないと! 確率を自分であげることはとっても大事だよ」
■自分の考え方次第で回りの見え方も変わる
美人であるということは、それだけで恋愛アドバンテージが高いはずなのですが、ただそれだけだと本当に「ボールを蹴らない本田選手、バッドを振らない松井選手」ですよね(笑)。才能の塊であるアスリートだって、アクションしないとゴールを決められないのです。
「出会いがない」と思ったら、まずはBくんの教え3か条を素振りのように行動してみましょう☆ 自分のなかの意識が変わることで、案外「ただの職場の人」だった隣の席の男性が、突然輝いて見えたりすることだってあるかもしれませんよ。
Portrait image via Shutterstock
(ガールズウォッチャー/福島はるみ)



(グリッティ)記事関連リンク
あなたもやっている可能性大! 謙遜しながらのアピール投稿は鼻につく
「料理上手はモテる」の落とし穴! 男性が求めるのは普通のカレー
失恋から「時短」で立ち直りたい! 元彼を「強制終了」させる3つの方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP