ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Firefox 23 Beta」がリリース、WEBページのフルスクリーン表示やアドレスバーのドメイン自動補完機能などの新機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mozillaは6月28日、Android向けFirefoxの次期バージョン「Firefox 23」のベータ版をGoogle Playストアでリリースしました。v23では、スマートバー(Awesome Bar)を自動的に非表示にしてページをフルスクリーンで表示する機能、アドレスバーのドメイン自動補完機能、RSS/Atomフィードの購読機能など、これまでのバージョンアップの中でも1,2を争う新機能の追加数になると思われます。リリースノートに掲載されている新機能は以下の通りです。 スマートバー(Awesome Bar)にドメインの自動補完機能が追加 ページのフルスクリーン表示に対応WEBページを下方向にスクロールするとスマートバー(Awesome Bar)が非表示になり、WEBページ上部をタップすると表示されます。 RSSフィード(Atom/RSS)の購読機能が追加。アドレスバーの長タップ→「Subscribe to Page」をタップ。現行バージョンの日本語版は機能しません(今後、My YahooまたはLivedoorリーダーへの登録が可能になるそうです) スマートスクリーンに「Switch to Tab」が追加ページをタブで開いていることをブックマークや履歴に表示する機能です。 デフォルトの検索エンジンの変更が可能に「ツール」→「アドオン」メニューのアドオンマネージャーより変更できます。 「Firefox Health Report」機能が追加 タイトルバーのページタイトルをURLを変更するオプションが追加 リーダーモードにフォントをSerif/Sans Serifに切り替えるトグルボタンが追加 リーダーモード対応ページでリーダーモードアイコンを長タップすると記事をリーディングリストに追加する機能が追加 トルコ語とハンガリー語のロケールを追加「Firefox 23 Beta」(Google Playストア)Source : Mozilla(リリースノート)



(juggly.cn)記事関連リンク
米Digg、RSSリーダーサービス「Digg Reader(ベータ版)」を一般開放
「HTC Butterfly s」と「HTC Desire 600」が台湾で発売開始
SNKプレイモア、対戦格闘ゲーム「真サムライスピリッツ」のAndroid版をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。