ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸能人なりすまし詐欺業者 「フェイスブックはカモの宝庫」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 芸能人になりすましてメールを送り、出会い系サイトへ誘導し、料金をだまし取るという「なりすまし詐欺」。まさに、ファンの心理につけ込んだ巧妙な手口だ。

 女性セブンは、出会い系サイトの運営会社に勤める人物への接触に成功した。ここでは仮にA氏とする。そのA氏が明かす手口は、想像以上に手の込んだものだった。

「昔はオレオレ詐欺をやっていたが、あれは電話をかける手間がかかる。その点、メールは雛形さえ用意しておけば、いくらでも対応できる。4~5年前からやっていて、最近は費用対効果が抜群に上がっているね」

 A氏によれば、40代、50代の女性が特においしいカモだという。それは、こうした詐欺に慣れておらず、情報に疎い人が多く、ちょっと無理をすれば、お金を捻出できる立場にいるからだ。

 なりすまし詐欺が横行するSNSには、ラインやミクシィなどいろいろあるが、業者にとって最も“おいしい”のは、フェイスブック(以下FB)だという。FBは実名での登録が原則なので、安心感がある分、まさかそれが偽名だとも、騙されるとも思わないからだ。

「あそこはカモの宝庫。サイト側は芸能人のマネジャーなどを装って、偽アカウントを作れる。メッセージを送るには、不特定多数の人に大量に『友達申請』するソフトがあって、それを使う。精度を上げたければ、例えば嵐のファンページに『いいね!』をしている人間を抽出して、そこにメッセージを送ることも簡単にできる」

 とA氏は笑う。そうやってメッセージのやり取りをする中で、業者側は出会い系サイトに誘導することに全力を注ぐ。例えばこんな文面で。

〈FB上では危険なので詳しいやり取りができない〉
〈FB利用を事務所に禁じられているから〉

「どうしてサイトに登録しなくちゃいけないんだろう? と疑問を感じる人間は騙されない。怪しみながらも『あっちゃん(前田敦子)のため』『松潤(嵐・松本潤)のため』と思ったら最後だね」(A氏)

 そこで始まるやりとりは、タレントの悩みに触れるものが中心。例えば、AKB48のニセ大島優子から、グループ内でいじめられているので相談に乗ってほしいというメールが来る。

〈一般人とこういった形で連絡を取り合うのって本当はルール違反なんです…。もちろん、バレちゃったら即刻活動謹慎…。だけどそれも覚悟の上でのお願いなんです…!〉

『誰にも言わないで』『こんな話ができるのはあなただけ』というアプローチが、詐欺発覚を難しくしている。

※女性セブン2013年7月11日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オレオレ詐欺3人グループ 好景気で今年に入り4000万円獲得
芸能人なりすまし詐欺業者 売り上げ116億円で170人が働く
内職にまつわるトラブルで「報酬未払い・遅延」は28.0%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP