ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleはAndroidベースのコンソールゲーム機やスマートウォッチ、第2世代Nexus Qを開発中。さらに、今秋に”Key Lime Pie”が登場(WSJ報道)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは、Androidベースのコンソールゲーム機とスマートウォッチ、さらに、”第2世代Nexus Q”を開発していると、WSJがその計画を知る人物から得た情報として報じました。WSJの記事の中で各製品の詳細は伝えられていませんが、3製品のうち少なくとも1つは今秋に登場する見込み伝えられています。Googleがこういった製品を開発する目的は、すでに同様の機器を販売する他社に対抗することや、自ら製品を開発することで、その分野の市場拡大を牽引しようとする狙いがあるからだと伝えられています。WSJはまた、今秋にはAndroidの次期バージョン”K-Release”がリリースされるという情報も伝えています。”Key Lime Pie”のことでしょう。”K-Release”では、新機能の追加に加えて、PCやアプライアンス製品における利用を想定した設計となっており、スマートフォン・タブレット以外の機器でも広く利用できるようになるとされています。具体的にはGoogleの各サービス用アプリがインストール可能になるとされています。Source : WSJ



(juggly.cn)記事関連リンク
富士山エリアの情報サイト「フジヤマNAVI」の公式スマートフォンアプリ「富士登山NAVI」がリリース、GPSログ付きの富士登山記録を作成したり、AR機能で山小屋や分岐点を教えてくれる
バンダイ、「セーラームーン」のスマートフォンケースをプレミアムバンダイで販売開始
NECカシオ、2画面スマートフォン「MEDIAS W N-05E」向けに新ブラウザアプリ「ダブルブラウザPlus」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP