ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画面サイズ4インチの小型モデル「Xperia M」のハンズオン動画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileが先日発表した「Xperia M」が中国・上海で開催中の「Mobile Aisa Expo 2013」で展示されていたようです。その実機のデモ映像がドイツのブログ nDevilで公開されています。Xperia Mは、エントリーレベルの機種ですが、画面サイズが4インチと小柄で、質量も115gと軽量な新しいグローバルモデル。外装はXperia Zのデザインが一部取り込まれており、シンプル&フラットな形状をしており、個人的に外観には良い印象を持っています。発売時期は今年7月の予定です。動画の説明によれば、Xperia Mのバックカバーはラバー質感の手触り、カメラシャッターを搭載しており、スリープからのカメラ起動が可能。Micro SIMカードスロットとMicro SDカードスロットが本体側面、Micro USB端子は上にあるそうです。動画では他の機種とのサイズ比較も行われています。本体サイズは124mm x 62mm x 9.3mmなので、動画に登場したXperia ZとXeria Lよりも断然コンパクト。iPhone 5では、Xpeira Mの方が若干大きいようでした。Xperia Mのプロセッサはデュアルコア(MSM8227 Krait 1.0GHz)で、RAMは1GB積まれているので、動きは悪くないと思います。Source : nDevil



(juggly.cn)記事関連リンク
NECカシオ、2画面スマートフォン「MEDIAS W N-05E」向けに新ブラウザアプリ「ダブルブラウザPlus」をリリース
Galaxy S 4 Google Play Edition用Android 4.3の公式ファームウェアが流出、それをGT-I9505に移植したカスタムファームウェアも公開
Android版「Gmail」がv4.5.2にアップデート、削除ボタンが表示されるように初期設定が変更

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP