ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Google Playムービー」のUIがモダンなデザインに刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは6月27日、同社の映画レンタル/販売サービス「Google Playムービー」のAndroidアプリのアップデートを発表しました。今回のアップデートで、アプリUIのリニューアルが実施されました。以前は赤色の背景に「映画」と「個人の動画」の2タブ構成という表示内容でしたが、新UIは、スライド型のナビゲーションバーを備え、背景は白を基調としてものに変わり、各コンテンツはGoogle Nowカード風のデザインで表示されるようになりました。全体的にはGoogle PlayミュージックやGoogle Playブックスと共通したデザインに変わっています。スライド型のナビゲーションバーでは、「マイTV番組」や「マイムービー」とジャンル別にコンテンツを切り替えられるほか、新カテゴリ「今すぐ見る」が追加され、最近購入または視聴した順に表示し、お勧め映画やテレビ番組を表示してくれます。このほか、動画一覧や動画詳細ページにお勧め動画を表示する [おすすめのコンテンツ]カテゴリが追加、個人の動画はアプリのオーバーフローメニューからアクセスする方式に変更されました。「Google Playムービー」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile未発表の”Honami”の実機写真がまた流出、カメラシャッターキー付きであることが判明
GoogleはAndroidベースのコンソールゲーム機やスマートウォッチ、第2世代Nexus Qを開発中。さらに、今秋に”Key Lime Pie”が登場(WSJ報道)
NTTドコモ、Xperia A SO-04Eに「10.1.1.D.2.26」ビルドへのアップデートを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP