ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本物の銀貨がついた「1/20マジンガーZ」でパイルダーオンごっこをやってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インペリアル・エンタープライズ「PREMICO」から、3月に「マジンガーZ」の誕生40周年を記念した、公式記念銀貨と1/20スケール合金マジンガーZのセットが発売された。そのお値段なんと48500円。

【関連:兄貴がアニメの主役に!?マジンガーZ40周年記念『水木一郎 All of Mazinger Live』潜入レポート】

一般的には少し高く感じるかもしれないが、そこはこれまで様々なアニメ特大グッズを購入してきた記者。(1/12ガン○ムに、1/350ヤ○トなど)お値段もこれまでの戦歴に比べるとお手頃感を感じてしまう。これを人は「訓練されたヲタク」と呼ぶ場合もあるが、ここは大きなお友達代表としては……。という訳であまり迷うことなくポチッと注文してみた。

そして時間は流れてそんな事も忘れ去った頃。イケメン佐川さんがでっかいダンボールを届けてくれた。

まず届いてびっくり。想像以上に箱が大きかった。開けてみて更にびっくり。中から外箱のダンボールと同じ位の大きな黒箱が出てきた。
どれぐらい大きいかわかりにくいので、皆大好きボンタンアメを比較に並べて写真撮影。比べていただくとお分かりかと思うが、ボンタンアメ約192個分程の大きさ。


早速あけてみた。開封するとマジンガーZとパイルダーそして、光り輝く銀貨が登場。コレクターにとってはここが一番気持ちが高ぶる瞬間。


そして早速並べてみると。想像以上にしっかりつくられており、1/20スケールならではの大迫力に加え、見た目も実物そのまま。マジンガーZ原作者の永井豪先生がしっかり監修されただけのことはある。


しかもこのマジンガーZ、亜鉛ダイキャストが素材のため、重量感はかなりのもの。ずっしりとした重量感は片手でもつと結構プルプルしてしまう重さ。量ってみたところ、約2.3kgあったので、ボンタンアメ約33個分の重さである。



軽くパイルダーオンごっこを済ませると……。

一度はやってみたかった!マジンガーZごっこ!!

ベランダに出てまずはパイルダーオンしたマジンガーZを撮影。マジンガーはやはり外の景色が似合います。


そしてパイルダー単体での空中撮影。ブーン。ここに甲児君が乗ってるんだと思うとちょっと感慨深くなってくる。


さて、次は銀貨。よくある記念コインと違い、このコインは南太平洋にあるクック諸島という国で実際に使うこともできる本物の銀貨なのである。しかも銀の純度は最高品位の純銀.999。こちらもずっしりとした重さ。500円硬貨(7g)の4.5倍の重量感。さすが公式銀貨である。

しかも、裏にマジンガーZの綺麗なレリーフ、表にはイギリス連邦の元首エリザベス2世の肖像が刻印されており、そうしたプレミア性を考えるともうその価値は……。いけないとは思いつつ、マニアならではの皮算用を思わずしてしまった。


ちなみにこの商品。記者は見つけた瞬間に注文していたのだが、3月の発売後“あっ”という間に初回分受付終了となってしまった。やはり大きなお友達にとっては、迷わずポチってしまう商品なのだろう。

だがしかし!!朗報がある。ホームページを確認したところ、どうやら8月納品の予約が現在受付中になっている。ただ、初回分購入経験者から言わせてもらうと、これからボーナス時期がくることを考えると、恐らくこれもすぐに受付終了になることだろう。というか、この記事を公開した時にはもう終了している可能性もある。
そのため、興味のある方は早めにホームページを確認することをお勧めしたい。

マジンガーZ誕生40周年公式記念銀貨 [1/20精密モデル 合金マジンガーZ] スーパーデラックスセット
http://iei.jp/mgzo/

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP