ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桑田佳祐「がんが再発するかも…」とサザン復活を5年早めた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2008年の無期限活動休性宣言から5年──結成35周年を迎えたサザンオールスターズが帰ってくる。8月7日に通算54枚目のシングル『ピースとハイライト』をリリース。そして全国ツアーを行うことを発表した。

 ここに至るまで、桑田には紆余曲折があった。2010年7月、桑田佳祐(57才)の食道がんが発覚する。手術は食道と胃をつなげるという大変なもので、6時間にも及んだ。そして、その後ICU(集中治療室)での入院生活を余儀なくされた。

 そして、妻である原由子(56才)の献身的な看護もあってか、手術から1か月後の同年8月下旬には無事に退院。それから4か月、桑田は奇跡を起こす。この年の大晦日・紅白歌合戦で電撃復帰を果たした。しかし、直後に出演したパーソナリティーを務めるラジオ番組で、桑田はこんな不安を口にする。

「まだ完治じゃないんだよ。再発する可能性もあるからまだ気をつけなきゃいけない」

 さらに一度は“死”を覚悟していたことも明かしたのだった。それからの桑田は病状の経過を見ながら、徐々にステージに復帰。昨年には5年ぶりのソロ全国ツアーを成功させるなど、精力的に音楽活動を行った。

「いま体調も声も、本人が“人生でいちばん”というほど絶好調なんです」(音楽関係者)

 そんななか、桑田は“サザン復活”へ気持ちが傾いていく。

「桑田さん、本当は区切りとなる40周年でのサザンの活動再開を考えていたんです。でも、一度、死の淵を経験したことで“5年後に、こんな調子でいられるかわからない。また再発するかもしれない。元気なうちにファンにサザンの歌を届けたい”という思いが強くなっていったようなんです」(別の音楽関係者)

※女性セブン2013年7月11日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
桑田佳祐 病床から行きつけの料理店のお総菜をお取り寄せ
食道がん公表の中村勘三郎 桑田佳祐の執刀医にかかり手術へ
南房総最南端に座ると幸せになれる「ラバーズ・ベンチ」

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP