ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「HTC One」「Galaxy S 4」のGoogle Play Editionでは、カメラアプリやブートロゴなどのソフトウェアの一部が刷新される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今朝、米国のGoogle Playストアで発売開始となった「HTC One」と「Galaxy S 4」の”Google Play Edition”。2機種ともOSバージョンはAndroid 4.2.2と表示されていますが、Nexusスマートフォン最新機種の「Nexus 4」とは少し中身が異なっているようです。まずは、ブートロゴ。Nexus 4のブートロゴはNexusの”X”を常に表示したアニメーションとなっていますが、Google Play Editionでは4つの球体がウニョウニョと動くものとなっています。次に、ロック画面のデジタル時計のデザインが新しくなっています。さらに、ライブ壁紙に「Sun Beam」というオレンジ色の物体をアニメーション化したものが追加されました。最後はカメラアプリ。Nexus 4のカメラアプリでは、オプション画面がサークル状に表示されますが、Google Play Editionでは、アーク状の表示に変わっています。このデザインのオプションは、前にタイで展示されていたという”Android 4.3”を搭載したNexus 4にも表示されていました。Source : Computer World



(juggly.cn)記事関連リンク
ニュース記事をラジオ風に視聴できる「Oto-Latte(オトラテ)」のAndroid版が公開中
DiggがRSSリーダーサービス「Digg Reader(ベータ版)」を提供開始、Androidアプリは7月末までに提供予定
ドコモオンラインショップで「Xperia Z SO-02E」が”在庫小”で販売中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP