ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港 FingerQ、Androidスマートフォン向けに指紋リーダー付きスマートフォンケース「PrivacQ Case」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

香港のFingerQという企業が、指紋リーダー付きスマートフォンケース「PrivacQ Case」を開発し、現在、中国・上海で開催中の「Mobile Asia Expo 2013」で披露したそうです。「PrivacQ Case」は、写真の通り、ケース背面によく目にする指紋リーダーを埋め込んだケースアクセサリーで、普通のスマートフォンケースと同じ要領で装着することで、指紋リーダーで読取ったユーザーの指紋データがスマートフォンに転送され、普通のAndroidスマートフォンで指紋認証のロック画面を実現できるなど、セキュリティを高める機能を提供してくれます。「PrivacQ Case」を利用してロック画面を指紋で解除するには専用のアプリが必要とのことです。同社は指紋認証ロック画面のほか、「FingerQ Chat」というチャットアプリの提供も予定しており、指紋認証をパスしないとチャットで送受信したメッセージを閲覧できないようにする機能を実現しています(同社は、他のチャットアプリでもFingerQ Chatと同様の機能を利用できるようアプリの開発に取り組んでいるそうです)。「PrivacQ Case」は今のところGalaxy S III、Galaxy S 4、Galaxy Note II、HTC One用が開発されており、今年7月に米国と香港で発売される予定とのことです。価格はUS$40~US$%60の間とされています。日本でもそのうち輸入品が出回りそうですね。Source : CNET Asia



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、スマートフォン・タブレット向けウィジェットアプリ「カテゴリナビ」をv1.4.0にアップデート、新カテゴリや新コーナーを追加、ウィジェットデザインを変更
NAVER、オンラインストレージサービス「Nドライブ」と写真管理/共有サービス「NAVER Photo Album」を2013年11月いっぱいをもって終了
NTTドコモ、「ARROWS NX F-06E」「Optimus it L-05D」「Disney Mobile on docomo P-05D」「P-04D」「AQUOS PHONE EX SH-04E」にソフトウェアアップデートを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP