ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

活動15年の軌跡を辿る初ベスト登場! 坂本美雨のインタヴュー更新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

坂本龍一と矢野顕子を両親に持ち、透き通るような歌声と美しいコーラス・ワークで、マイペースに自分の歌を探求してきたシンガー、坂本美雨。彼女が〈坂本龍一 featuring Sister M〉名義でデビューした97年から15年間の歩みを総括した初のベスト・アルバム『miusic ~The best of 1997-2012~』を完成させた。

父・坂本龍一をはじめ、SUGIZO、槇原敬之、ミト(クラムボン)、おおはた雄一、デイヴ・リアン(シャンハイ・レストレーション・プロジェクト)、小室哲哉ら、さまざまなミュージシャンとの縁により生まれた楽曲に加え、デビュー曲“The Other Side of Love”の新ヴァージョンを含む新録音源も収めた本作は、彼女の魅力を知るにはうってつけのアイテムと言えるだろう。bounceでは、デビューから現在に至るまでの彼女の音楽人生を、今回のベスト盤を通じて振り返ってもらった。

★インタヴューはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP