体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

個人制作アニメで賞金200万円!『デジタル・コミック大賞2009』準大賞の久海 夏輝氏インタビュー 前編

hisami05

映像上映イベント『FRENZ』(http://f-renz.jp/)にて初公開された、アマチュアアニメクリエーターの久海 夏輝(ひさみ なつき)氏の上映作品『SORA』。こちらの作品が宝島ワンダーネットの主催する『デジタル・コミック大賞2009』(http://mcomic.jp/dca2009/)にて準大賞(http://mcomic.jp/dca2009/result/)を受賞し、賞金200万円を授与されました。デジタル・コミック大賞は「コミック」と「アニメ」のデジタル・コンテンツによって、世界で活躍できるクリエーターを発掘するためのアワードです。

『SORA』は約17分という、個人クリエーターによるアニメーション作品としては長編の作品で、ストーリーとしては「どこかの世界。壊れ、失われてしまったものを取り戻すために青空を目指した、7体の子供たちの物語」とのこと。筆者は先述の『FRENZ』にて作品を拝見していますが、詳しい内容をここで語ってしまうと映像の核心に触れてしまうため、それはいずれ一般公開されるであろう作品を楽しみに待ちたいと思います。ということで、今回ガジェット通信では受賞した久海氏を直撃し、受賞についてのインタビューを行いました。

久海氏は1985年に千葉県浦安市で生まれ、大学で化学を2年間学んだ後、ウェブと映像の専門学校に転身。現在は毎日の様に車で関東中を回る営業職をしながら、限られた合間を縫うようにして『スタヂオ ひまつぶしプラス!』を拠点に自らの映像制作を行っていらっしゃいます。今回は前編として、受賞作品『SORA』の制作についてお聞きしました。

ガジェット通信(以下 ガジェ): 今回は前編という事で、さっそくですが、まずは受賞の感想からお聞かせください。

久海 夏輝氏(以下 久海氏): 本当に驚きました。出しはしましたが記念受験みたいなもので、まさか本当に賞が取れるとは思っていなかったというのが正直な感想です。未だに実感がわいていないのですが、周りからはおめでとうおめでとうと言われて、今はまだその温度差に戸惑っているところです。

ガジェ: 今回の作品『SORA』について教えて頂きたいと思います。簡単な内容とタイトルについてお聞かせください。

hisami02

久海氏: 簡単に言うと、7人の少年少女達がロケットを飛ばそうとする話です。仮につけていたタイトルは『ロケットシード』と『タネハコブトリ』というものでした。友人に見せたとき「タイトルと構成がわかりづらい」と言われて再考した結果、シンプルに『SORA』となりました。結果的には最終的に伝えたい事を端的にあらわせた、とても気に入ったタイトルになりました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会