ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、フルセグ対応ハイスペックスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 206S」と「ARROWS A 202F」を6月28日に同時発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは6月26日、SoftBankスマートフォンの2013年夏モデルとなる「AQUOS PHONE Xx 206SH」と「ARROWS A 202F」を明後日6月28日に同時に発売すると発表しました。「AQUOS PHONE Xx 206SH」はシャープ製で、「ARROWS A 202F」は富士通製のAndroidスマートフォン。どちらもAndroid 4.2(Jelly Bean)、5インチフルHDディスプレイ、Snapdragon 600 1.7GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、3,000mAhを超える大容量バッテリーを搭載し、地デジ番組を視聴できるフルセグ、下り最大76Mbpsのデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応したハイエンドモデル。「AQUOS PHONE Xx 206SH」は、5インチ1,920×1,080ピクセルのS-CGシリコン液晶、Snapdragon APQ8064 1.7GHzクアッドコアプロセッサ、3,080mAhの大容量バッテリーを備えており、通常使用で丸2日間は持つとされています。リアカメラにはF値1.9の明るいレンズを採用しており、静止画や動画をより明るく撮影できます。大画面を活用した「アナザービュー」と呼ばれるマルチタスク機能が実装されており、1つの画面にアプリを2つ起動し、両方のアプリを同時に見たり、片方のアプリの情報を別のアプリに転送できるデータ連携機能を備えています。国内定番機能としては、おサイフケータイ、ワンセグ(フルセグ)、赤外線通信、防水・防塵(IPX5/X7・IP5X)に対応しています。カラーはブラックとホワイトの2色。「ARROWS A 202F」は、5インチ1,920×1,080ピクセル液晶、QualcommのSnapdragon APQ8064 1.7GHzクアッドコアプロセッサ、3,020mAhの大容量バッテリーが備えられており、通常使用で丸2日は持つとされています。富士通独自のヒューマンセントリックエンジンは健在。202Fでは、傾きと揺れで持ってことを認識して画面を点灯し続ける「持ってる間ON」、水平な場所に置くと5秒でスリープ状態になる省電力機能「水平時すぐにスリープ」、タッチ位置を自動補正する「おまかせタッチ」、意図しないタッチ操作による誤作動を防止する「うっかりタッチサポート」、屋外では周囲の明るを検知して輝度を上げる「スーパークリアモード」、画面を下にして伏せると音声をミュートする「ふせたらサウンドOFF」などがあります。背面には指紋センサー搭載電源スイッチ(スマート指紋センサー)を搭載。カラバリは、グレースブルー、ピンク、ホワイト、ブラックの4色。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola Mobilityは企業ロゴの刷新を計画、新ロゴの画像が公開
Sony Mobile未発表スマートフォン”Honami”の実物とされる写真が流出
「HTC One」と「Galaxy S 4」の”Google Play edition”が米国のGoogle Playストアで発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP