ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マキタスポーツ、〈全部盛り〉メジャー・デビュー盤『推定無罪』8月発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

芸人や役者、文筆家などさまざまな顔を持ち、それぞれのジャンルをクロスオーヴァーさせながら独自の活動を展開しているマキタスポーツ。彼が、メジャー・デビュー・アルバム『推定無罪』を8月21日にスピードスターレコーズよりリリースすることが決定した。

CD2枚組となる本作には、1,000曲以上のヒット曲のメカニズムを独自の視点で分析して導き出した〈ヒット曲の法則〉を元に制作された、〈作詞作曲ものまね〉と並ぶマキタスポーツの代名詞“十年目のプロポーズ”にスチャダラパーをフィーチャーした新ヴァージョン、テレビ東京「ゴッドタン」の〈芸人マジ歌選手権〉で初披露し反響を呼んだヴィジュアル系のパロディー曲“ヴァージンマリー~聖母マリア~”のオリジナル・フル尺ネタ“お母さん”、マキタも出演した映画『苦役列車』劇中歌“俺はわるくない”のバンド・ヴァージョン、同じ事務所に所属するビートたけしの名曲“浅草キッド”の弾き語りカヴァー、地下鉄サリン事件や阪神大震災など日本全土を揺るがすような悲しい出来事が重なった一方、音楽業界では28作のミリオン・ヒットが生まれるなど、明るい話題も多かった95年をクローズアップした新曲“1995 J-POP”などを収録の予定。過去の代表作や問題作から新曲&新ネタまでをトータル80分以上楽しめる、〈マキタスポーツ全部盛り〉な入門編にしてベスト盤と言える内容になるとのこと。なお、パッケージには架空の音楽裁判で容疑者となったマキタを徹底取り調べする形で展開する、天久聖一が監修した〈解体新書〉的な読みものが付属するという。

また、アルバムの発売を記念して音楽講座〈マキタ学究 J-POPの軌跡〉とライヴの開催も決定。全3回となる講座にはそれぞれスチャダラパーのBose、LUNA SEAの真矢、いとうせいこうという豪華ゲストが参加する予定で、ライヴは7月27日(土)のアルバム発売先行カウントダウン公演〈みんな! マキタスポーツだよ!〉と、9月6日(金)からのレコ発ツアーが決まっている。詳細はマキタのオフィシャルサイトにてご確認を!

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。