ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

健康的な食生活を応援!タニタから野菜の摂取目標量がわかるキッチンスケールが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美容や健康のため、野菜は毎日たくさん摂りたいもの。だが、1日の摂取目標量である350gを食べ続けるのはなかなか大変…。偏りがちになってしまう食生活を改善したい人のために、健康的な毎日を応援する便利グッズがタニタから発売される。

タニタが7月10日から販売するのは、1日の野菜の目標量と摂取量を表示する機能の付いたデジタルクッキングスケール「KD-199」。

「KD-199」は、家族の人数と野菜摂取レベルを入力すると、摂取目標量を自動で表示してくれる優れもの。目標を達成すると表示画面にごほうび表示が出てくるなど、モチベーションアップの工夫がなされているのも特徴的だ。

最大計量は2kgで、表示は最小0.5g〜最大1000gまで。カラーは野菜をイメージしたレッド、オレンジ、グリーンの3色で展開。また、シリコンカバー付きの計量皿は、取り外して洗えるため清潔に保て、カバーは裏返してパスタの計量にも使用できる。

これがあれば、1日に必要な野菜の摂取目標量が見え、食生活も改善できそう。今話題のタニタ式のヘルシーな食事で、健康的な毎日を過ごしてみては?

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP