ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

落とすと大損! スマホ紛失防止策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や仕事にも暮らしにも欠かせないスマートフォン。スケジュール帳やおサイフケータイとして使っている人も多く、万が一なくしときのダメージははかりしれない。だが、あなたの周りにも“紛失経験者”がいるのでは?

【画像や図表を見る】

セキュリティ・テクノロジーの専門会社、マカフィーの調査によると、アメリカではスマホの4.3%が紛失や盗難によってユーザーの手元から消えていくという。「たかが4%強。自分は大丈夫」と油断するなかれ。万が一に備え、紛失対策はマストである。

調べてみたところ、スマホの置き忘れ防止グッズや、紛失した際の発見を支援してくれるサービスなど、サポートツールをいろいろ発見!

まずご紹介したいのが、「リターンタグ」。こちらは落し物を早期発見・回収してくれるサービスだ。QRコードやフリーダイヤルが記載されたシール「リターンタグ」を貼っておけば、拾得者や警察からの連絡を24時間365日体制で受けてくれる。

落し物を発見した拾得者は「リターンタグ」のQRコードをスキャンするだけ。そのため、拾得者からの連絡も入りやすい。さらに位置情報も送信されるので、拾得場所をGPSで捕捉する事が可能。落とし主は落し物の場所をマップ上で確認できる。

続いて、一番多そうな“置き忘れ”を予防するグッズが「Cobra Tag」。スマホとBluetooth接続することで、スマホから一定以上離れるとアラームで知らせてくれる。キーホルダー型のガジェットになっており、一方から他方を鳴らして探せるのも実に便利。

とはいえ、それでも失くして買い換えるしかないこともある。たが、今の端末はとても高価。そのため、各キャリアは紛失した際の補償サービスを用意している。

●NTTドコモ「ケータイ補償 お届けサービス」
盗難・紛失から30日以内に所定の連絡をすれば、1~2日程度で同機種・同カラーの端末を届けてくれる。年2回まで利用可能で、自己負担は1回目5250円、2回目は8400円。月額料金294 or 399円(機種による)。

●au「安心ケータイサポートプラス」
盗難・紛失などのトラブル時、電話1本で2日以内に同機種・同カラーの端末を届けてくれる。年2回まで利用可能で、自己負担は1回目5250円、2回目は8400円。月額料金399円。

●SoftBank「あんしん保証パック」
盗難や紛失の際、会員価格で購入可能なサービス。月額料金498円。

これは最終手段になるが、万が一のことを考え、契約しているキャリアの紛失補償サービスもしっかりチェックしておこう。

(大木信景/HEW)
(R25編集部)

落とすと大損! スマホ紛失防止策はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「使いこなせるスマホ」の選び方
スマホの暇つぶし コスパ最強は?
スマホを高速化する裏技のしくみ
機能性バツグン!スマホ連携アクセ
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。