ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

筆圧検知が可能なスタイラス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タブレットでスタイラスを使うことのメリットは、紙にペンで書くのと近い感覚で筆記できるところにあります。ただし、紙+ペンとまったく同じとは行かないところもあり、そこにフラストレーションを感じる人もいます。

【画像や図表を見る】

そんな不満のひとつが、筆圧による線の強弱。一部の専用スタイラスを搭載したタブレットやパソコン用のペンタブレットには筆圧の検知が可能なものもありますが、多くのタブレットとスタイラスでは筆圧による線の強弱が表現できません。

だから、イラストを描くとき表現の幅が制限されてしまったり、素早く手書きでメモを取ったときにきちんと線が認識されなかったり、といったことが起きてしまうのが悩みの種でした。

それを解決するアイテムが『Jot Touch 4』。ペン先に圧力センサーを内蔵して、タブレットとBluetoothで接続することによって、筆圧による線の強弱を表現可能にしたスタイラスです。

外観は単なるキャップ式の高級筆記具のようですが、この小さなスタイラスの内部に、バッテリーとセンサーとBluetoothモジュールを内蔵することで、筆圧による最大で2048段階の階調表現を可能にしています。

対応アプリとともに使ってみると、確かに力の強弱によってサインペンや万年筆のように線の太さを変化させられます。だから、図やイラストで細部の表現がしやすく、また文字を書き崩すように素早く書いても、線が途切れたりしません。紙+筆記具と完全に同じ書き味ではありませんが、近い感覚で扱えることは確かです。

今のところ対応しているタブレットは第3世代以降のiPadとiPad miniで、アプリも8種類のみなのが少し残念なところ。ですが、メーカーがJot Touch 4の仕様を公開しているので、今後対応するデバイスやアプリが増えることが期待できます。

スタイラスに、紙にペンで描くような表現力を求めるなら、試してみてはいかが?
(青山祐輔)
(R25編集部)

筆圧検知が可能なスタイラスはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
『ONで役立つグッズ!』一覧
胸に挿したペンで電話ができる!?
デカボール採用の太字ボールペン
筆記具と同じように使えるマウス
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP