ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国の新鋭ヒップホップ・グループ、M.I.B「K-HIPHOPを広めていきたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

韓国で活動する新鋭ボーイズ・ヒップホップ・グループ、M.I.Bが6月24日に原宿・アストロホールにて単独公演〈We are M.I.B〉を開催した。

 

 

夜公演の前に行われたマスコミ向けのショウケースでは、 “Nod Along!”と“G.D.M”の2曲を披露。「僕らの自由なパフォーマンスをお見せできたらいいなと思っています。K-HIPHOPを広められたらいいなと」話した5ZICは、昼公演を終えて「時間が凄く短くて物足りない感じがしました」とコメント。秋に決まった東名阪ツアーについてきかれると「今回見せられなかったステージの全てをお見せしたいと思っていますので、僕達の音楽を広められるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

またKANGNAMは「秋に3か所を回るということを、僕はさっき知りました。本当に嬉しく思っています。こういう機会ができるのも、ファンの方々のおかげです」と話しながらも、「僕は(今回の日本でのツアーに)ものすごく責任感を感じていて……。会社から他の3人に日本語を教えなくちゃいけないという、難しいことを言われていまして、僕は頑張っていかなきゃいけないなと本気で思っています。何をしてやろうかなと、この先。それも考えつつ、盛り上げていきたいと思います」と、日本国籍を持つ彼ならではの思いを話す場面も。一方、YOUNG CREAMは「もうツアーが決まったことを光栄に思っていますし、ステージでより良い姿、カッコイイ姿をお見せできるように頑張りたいです。日本語も勉強してきます」、SIMSは「ツアーができることをとても光栄に思っています。驚きました。いいステージを見せることで、お返しできればいいなと思っています」とコメントを寄せた。 

チケットがソールドアウトとなった今回の原宿アストロホール公演では、前述の2曲をはじめ“Only Hard For Me”や、この公演のために準備したという“Celebrate”の日本語ヴァージョンなどをパフォーマンスした彼ら。秋の東名阪ツアーではどのようなステージを展開するのか期待が高まる。

 

〈M.I.B JAPAN TOUR〉
日時/会場:
9月11日(水)大阪・梅田 AKASO 
9月14日(土)愛知・名古屋 E.L.L
9月15日(日)東京・新宿BLAZE
※詳細は6月27日(木)オフィシャルサイト(http://www.m-i-b.jp/)にて発表予定

〈TOWER RECORDS ONLINEで連載中! 「M.I.Bがナガシンダ!」バックナンバー〉
・[第1回]M.I.Bがタワレコオンラインにおでましだ!はこちら
・[第2回]M.I.Bが! 単独公演! を! しました!!!!はこちら
・[第3回] 5月24日のシンガポール〈K-POP Night Out at Music Matters Live〉はこちら
※4回目は6月27日夕方に更新予定です

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP